2007年02月13日

プロは反則でしょう

 僕は週末に草サッカーをしている。素人ばかりの三部リーグ。たまに女子も混じる。(ただし、こっちの女子は上手い&強い&タフ)

 先週の土曜日のこと。相手チームにやたらと動きのシャープなヤツがいる。はいてる赤いスパイクもかっこいい。黒人なので黒ヒョウのようだ。昔のエムボマを彷彿させる。

 2−0とリードされた後半。ウチのデブ左サイドディフェンダーをたった一歩のステップでぶっちぎってシュート。TVで見るような目の覚める弾丸シュートが我々ゴールに突き刺さった。3−0でトドメを刺された感じ。(結局試合は6−2で負け)

 その後、僕も彼のディフェンスに付いたが、追いかけるのがやっとでボールを奪うどころではない。接触プレーで体を触ったら、ゴムのかたまりのような感触。やっぱりコイツはタダ者じゃ〜ない。

 後日、チームメートからメールが。
"Here the reason why we lost on Saturday"
http://www.seattlesounders.net/player.php?ID=9

 おお、なんてこった。地元チームのプロじゃないかぁ。どーりで速い&上手いわけで。

 っちゅーか、反則じゃんexclamation×2
posted by こういちろう at 13:59| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | アメリカ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アーネスト・ホーストかと思いました。。
Posted by わたなびすた at 2007年02月13日 18:37
似てる。
Posted by Ko-Ichiro at 2007年02月16日 16:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。