2007年05月17日

メタボリック?それが何か?

obesity.jpg

学校の調べものをしていて、面白いデータを見つけちゃいました。

(成人肥満比率の各国比較)
http://www2.ttcn.ne.jp/~honkawa/2220.html

これによると、肥満(BMIが30以上)の割合は、アメリカがなんと

30.6%!!


3人に1人が肥満かよっ!

で、一方の日本は、たったの3.2%しかいません。

過体重(BMIが25〜30)の人を加えると、アメリカはなんと、

65.7%!!

実に、3人に2人が注意信号です。

日本はこのレンジでも世界的に低水準で、さっきの3.2%と合計しても25%程度にしかなりません。

アメリカは極端な「悪い」例ですので、こんな国と比べても全く意味はありませんが、世界的に見ても日本の数字は優秀です。

日本では「メタボリック症候群」などと言って、国をあげてのダイエット運動が盛ん(?)なようですが、このデータを見たときには、

メタボリック? ちゃんちゃらおかしい!


と思ってしまいました。

いや、取り組み自体はとても良いものだと思います。特に、現在「3.2%」のレンジにいる人が少なくなることはとても良いことだと思います。

でも、国民の大半の人は、さほど気にすることは無いんじゃないでしょうか。

メタボリックなんかを気にしていたら、美味しいものを食べそびれちゃうゾ!
posted by こういちろう at 15:05| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(1) | アメリカ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こ、このはら。こういちろうさんの???
Posted by NOEMI at 2007年05月19日 01:29
いやあ、アメリカに来てから3キロ太りましたからねぇ...って、さすがにこんなにおなか出てたらサッカー廃業ですがな。あ、でもチームメイトはこんなのばっかりだ
Posted by Ko-Ichiro at 2007年05月20日 03:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

メタボリックシンドローム対策・メタボリックシンドローム運動
Excerpt: メタボリックシンドローム対策・メタボリックシンドローム運動
Weblog: メタボリックシンドローム対策・メタボリックシンドローム運動
Tracked: 2007-05-19 00:07
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。