2007年09月29日

うまいこと言うなぁ

まだシアトルにいた頃、フト付けたテレビから聞こえてきたフレーズが気になって、手帳に書きとめていたのを見つけた。


"I can do anything
     but I can't do everything."


英語でよくある、こういう「韻」を踏んでいるフレーズがなんだか好きだ。スッと腹に入る。

確か、ハワイに住むアーティストが、子供たちに語りかけている番組だった。

そう。人間その気になればなんだって出来るんだけど、限られた人生の中で全てを成し遂げることは出来ない。だから本当にやりたいことを見つけ出して、そこに全力を注ぐべきだ。このアーティストはきっとそんなことが言いたかったんだろうな、と自分なりに解釈した。

もちろん、色々なことを少しずつ経験する人生もそれはそれでアリだと思う。でも、ほうっておくと趣味も仕事も「つまみ食い」傾向にある僕にとっては、とってもとっても大事な言葉。

日本語で言えば「器用貧乏」「多芸は無芸」ってところかな。昔の人はうまいこと言うなあ、ホント。
posted by こういちろう at 06:49| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月27日

アメリカ式出会い系?

シアトルにいた頃、通勤中のラジオでCMを聞いて、とっても気になっていた会社。

http://www.myventureclub.com/

要は、この会社が色々なアクティビティを企画して、それに興味のある「シングル」を集める。

アクティビティには、乗馬・ゴルフ・ジェットスキー・寿司ディナー、、、とにかく色々ある。お、「ホームレスに食事を提供する」なんていうのもあるぞ。

集まる人は「共通の趣味」を持っているワケだから、単なるお見合いパーティーよりは自分に合った人が見つかる可能性は確かに高そう。

こういうサービス、日本にもあるのかしら?
posted by こういちろう at 05:57| 東京 ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月26日

すごい結婚式

月曜日、久々に友人の結婚披露宴に出席してきました。まぁ、この2人の結婚披露宴だから、それはそれはスゴイことになるんだろうなぁ、、、とは思っていましたが、予想を遥かに上回る「スゴさ」でした。

彼らのプライバシーもありますから、あまり詳しいことはお話できませんが、まずはその大きさにビックリです。ゲスト数が約500人。テーブル数が46卓。テレビ中継が入るんじゃないか、っていうくらいのノリです。

DSC_0011.JPG

もちろん、大きさだけでなく、中身もスゴイ。司会進行はフジTVの現役アナウンサー。祝辞をされたのは元外務大臣。その他ゲストも政・財・芸能界の大物?がズラリ。

そんなことは僕には全く関係が無いのですが、唯一楽しみにしていたお料理も素晴らしく美味しかったです。

これとか、
DSC_0031.JPG

これとか、
DSC_0036.JPG

これとか。
DSC_0037.JPG

少しだけ内容を明かしますと、新婦さんは元宝ジェンヌ。当然のごとく宝塚のお友達が大集合。それはそれは素敵な歌声を披露してくださいました。タダで宝塚の公演が観られた感じ?ラッキ〜!

DSC_0057.JPG

そしてトリは大物歌手のご登場。軽妙なト〜クも取り混ぜながら、こちらもまた素晴らしい歌声を披露してくださいました。

DSC_0066.JPG

僕の人生、後にも先にもこんな盛大な結婚披露宴は無いでしょうねぇ。。。

お二人さん、お幸せに!!
posted by こういちろう at 05:40| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月17日

10万円を超える現金の振込み

久しぶりにブログを書く気になったのは、腹の立つことがあったから。

ネットで液晶テレビを買いました。シャ〜プの亀山モデル32型で地デジ&ハイビジョン対応が11万円!!ずいぶん安くなったもんです。ただ「カード決済不可」だったので早速銀行でお振込み〜。

ATMで振り込もうとするのですが、何度やっても失敗。ん?口座番号間違えて書き移しちゃったかな・・・?

よくよく画面を確認してみると『10万円を超える現金振込みはATMではNG』と言うではないですか。どうやら「オレオレ詐欺」や「マネーロンダリング」を防ぐため、10万円を超える振込みは、窓口で本人確認資料(免許証など)を確認の上での処理をするように法律が決まったらしいのです。

http://www.zenginkyo.or.jp/extra/extra04/index0400.html

う〜ん、これは困った。っていうか、面倒くさいふらふら

でも、法律だからどこの銀行に行っても同じだし、他に手段も無いので言われるままに窓口へ・・・

渡された用紙に必要事項を記入して、免許証を渡して、待ち番号札を取って、待つこと10分。このときばかりは、人気のない(ちなみにりそな)銀行で良かった〜と。

窓口のおばちゃんが見せてくれた用紙には『振込み手数料630円』と書かれている。


なんですと?????


ATMでやると315円なのに630エン??そっちの都合でATMを使えなくしたくせに、顧客に余計な手間を取らせたくせに、倍の手数料を取ろうっていうのかい??

これはどう考えてもナットクがいかない。ちっ(怒った顔)

オレオレ詐欺に引っかかるヤツは、窓口での支払いにしたって引っかかる(昨日も1900万円ダマシ取られたっていうニュ〜スをやっていたっけ)。

それに、テロ対策にしては10万円っていうハードルは低すぎやしないかい?10万円じゃあ拳銃1つ買えやしないっちゅーの。

だいたい、いまどきATMでお金を振り込むテロリストがいるかっつーの。時代錯誤もはなはだしい。

100歩譲って、ATMで振り込めなくしたとしても、これまでATMで振り込めていた金額まではATMでの手数料に合わせるべきでしょう?

何万分の1の確率で起こるか起こらないかの出来事を防ぐためにしては、負の影響を受ける人があまりに多すぎる。

もうちょっと考えようよ。
posted by こういちろう at 06:45| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月16日

再出発

1ヶ月半の沈黙をやぶり、戻ってきました Ko-Ichiro です!

8月5日に日本に戻って以来、めっちゃ暑い東京の街を就職活動に駆けずり回っておりました。おかげさまで仕事も見つかり、病院の経営企画部門の一員として、再スタートを切ることになりました。

もうMHAもシアトル生活も終わってしまいましたが、Ko-Ichiro のMHA日記は続きます。

ただ、MHAや病院経営に関することは、別で主催している

http://blog.livedoor.jp/mha_forum/

のほうでご紹介しようと思います。

んで、こちらのブログはもっと個人的なことを書いていこうかと。

というワケで、近々タイトルも変更予定です。

今日はこれまで!
posted by こういちろう at 06:23| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月05日

最後の日

Jen's 02.JPG

昨日は最終出社日だった。僕は過去に4回転職をしているから、こういう別れには慣れているハズだったのに、これまでのどの別れよりも悲しかったのは、物理的に遠く離れてしまうからなのだろうか。

今まで毎日顔を合わせていたのに明日からもうなかなか会えないんだなぁ、っていう思いが互いにあるから、「またいつでも会えるさ」っていうノリの日本国内での別れとは一味も二味も違ったものになっているんじゃないだろうか。

これってなんだか人が亡くなるときと似ているのかもしれない。「もう会えない」っていう思いは、人を悲しくさせる。

それから、こうした思いをいっそう強くするのが、別れのときのハグ。二人の距離がゼロになることで、その瞬間は相手をより近くに感じることが出来るけれど、それが別れた後の寂しさを倍増させる。以前から常々思っていたけど、ハグっていい文化だよなぁ。

日々接している人達にも、常にこういう気持ちで接することが出来れば、全ての人に対してもっともっと優しい気持ちで生きていけるだろうな。

そうだ。日本語にいい言葉があるじゃないか。一期一会。今のこの気持ちを忘れないように、1つ1つの出会いを大切に生きていこう。

シアトルでのたくさんの素晴らしい出会いに感謝!
posted by こういちろう at 00:34| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | アメリカ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月21日

インフレは当たり前

今の仕事の1つは、先日ご紹介したサイバーナイフ治療の向こう5年間の損益予想を立てること。

正直言って、こういう「当たりもしない計画を立てる」作業は、あまり好きではない。だって自分の来年の年収すら分からないのに、どうして5年後の患者数が分かるというのか!

ま、キライでもやらねばならぬのが仕事というもので、人件費の試算については、担当者のアドバイスを仰ぐことになった。

ヘッドカウントは彼女の計画の中に数字があったのでそれを使うことに。

次は1人当たりの給与。今年の実績をベースにして、年3%UPで試算するように言われた。

さすがアメリカ。こうして3%程度の成長が当然のように織り込まれる。経済は成長して当たり前、というコモンセンスが浸透している。学校のファイナンスの授業でも、インフレレートは重要なファクターを占めていた。

これがアメリカ経済の強みではないだろうか。良くも悪くもみんなポジティブ。明日に希望を持って生きている。ときには根拠の無い希望だったりするけど、だからあんなに金利の高いローンだって借りられちゃう。

そういう個々の自信が重なり合って、この国の1つの大きな正のベクトルになっているように感じる。

日本はその真逆。個々人が「節約〜」「将来が不安で〜」「もうちょっと安く・・・」みたいなマイナスのオ〜ラを個人が発しまくることで、国全体が不のベクトルにグイグイ引きずりこまれているような感じがする。そしてそれが更なるマイナスのオ〜ラを発する悪循環。

1年分の収入を全てサンバに捧げるブラジル人(←ところでこの伝説は本当なのか?)のように生きよとは言わないが、日本人は1人1人がもう少しずつ背伸びして生きてもいいんじゃないだろうか。

日本にだっていい言葉があるじゃないか。

「金は天下の回り物〜」

ってね。使わないと、貯まらないぞ!

この写真はサイバーナイフセンターの待合室。なんだか日本みたいだった。
Cyber07.JPG
posted by こういちろう at 16:53| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山盛り

以前にも書きましたが、僕は、足りない集中力を少しでもヒト並みに近づけるために耳栓を使ってます。

オフィスで愛用していた耳栓が片方なくなってしまいました。仕方がないので細めの赤ペンを耳に刺して仕事をしていたら、周りの人が次々に「な〜にやってんだ、この日本人は?」というような顔をして覗いていきます。

「いやあ、耳栓が片方なくなっちゃって〜」と事情を説明し、なんとか分かってもらえました。

そして、お昼から戻ってきたら机の上に大量の耳栓が!

EarPlug.JPG

不憫に思った誰かが、プレゼントしてくれたようです。ラッキ〜。

日本で売ってるのはせいぜい2セット程度ですが、これは7セット・14個も入ってる!!

しかもこれが

静か静か!

買ってきてくれたロンダいわく「これが一番強力だったのよ」とのこと。

これで一生耳栓買わなくてすみそうです。
posted by こういちろう at 15:30| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月19日

アフター5ゴルフ

After5.JPG

仕事を終えてからのゴルフ。しかもたったの30ドルでカート付き!


なんて素晴らしい生活なんでしょう。This is Life!!

それに引き換え日本のゴルフ事情は、、、

朝5時に起き、眠たい目をこすりながら高速道路を約2時間のドライブ

2時間半で9ホールを終え、10時ごろにランチ。しかもマスト。しかもバカ高。

11時には後半のハーフが始まり、ラウンド終了が1時半。そこからお風呂に入ったりあれこれしているあいだに気が付けば2時半。渋滞に巻き込まれながら帰路につき、家に着くのはサザエさんが始まるかという頃。

これだけ時間をかけて、交通費も含めれば総額3万円コース。高ぇよぉ・・・

日本に戻ってもゴルフする気しません・・・ハイ。
posted by こういちろう at 15:22| 東京 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | アメリカ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CyberKnife(サイバーナイフ)

Cyber08.JPG

久しくMHAらしいことを書いていないことに気が付いたので、
最近の仕事の状況でもアップしてみましょう。

引き続き、ガンセンター(Cancer Institute)にてお仕事をしています。

アメリカのガン治療は日本のそれとは色々な面で異なっています。最も特徴的なことの1つが、放射線治療がとても広く行われているということだと思います。放射線治療は入院を必要としないケースが多いので、、「入院=病院のコスト増」となるアメリカで広く受け入れられている理由かもしれません。

アメリカのガン治療の70%-80%(何が分母で分子かは不明)が、外来ベースで行われているというデータもあります。

今働いている病院には、CyberKnife という最新の(?)治療機器があります。「サイバーナイフ」なんて言うと、僕なんかはスターウォーズのライトセーバーのように、得体の知れないビームでガンを切り裂く姿を想像してしまいますが、実際はそうではありません。

CyberKnife はX線の発展系です。1992年にスタンフォード大学で発明されました。CT・MRIで撮影した画像をコンピューターで解析して治療計画を立てます。実際に見せてもらった患者さんの治療計画書では、合計150以上ものビームを様々な角度から当てる計画が立てられていました。

治療当日は患者さんの左右に配置したX線カメラによって、病巣を撮影しながら中央の機械からX線を照射します。このカメラがあることで、1mm以下の誤差で病巣だけにビームを照射することが出来るのだそうです。ただ、内臓系は呼吸などによる動きが激しいため、病巣の位置を特定するための金属(マーカー)を事前に埋め込む必要があります。

Cyber01.JPG

治療時間は1〜2時間ほど、それを何度か繰り返します。1日平均3〜4人が治療に訪れるそうです。このCyberKnifeセンターの常勤スタッフは6名です。

少し古い資料ですが、2005年末時点で全世界で65施設日本では14施設でこのサイバーナイフによる治療が行われています。今回話を聞いた放射線技師によると、現在は世界で90施設ほどになっているそうです。日本でももっと増えていることでしょう。

素晴らしい技術だと思うのですが、

・治療計画立案時にコンピューターが計算ミスをしたらどうなるんだろう?
・治療機器が間違えて違う場所に照射したらどうなるんだろう?
という素朴な疑問が湧いてきてしまいました。考えただけでも怖いです。

今度、担当の技師さんに会ったときに聞いておきます。

さて、僕の今の仕事は、このCyberKnife の向こう5年間の損益計算書を作成することです。今後のサイバーナイフサービスの方向性を決める重要な資料になります。気合入れてやらんといけません。

CyberKnife とはまた違った放射線治療技術に、TomoTherapyProtonBeamというのがあります。この2つの技術を導入すべきかどうか、その検討プロジェクトにも参加させてもらっています。

こういう精密機器の技術、本来なら日本の得意分野だと思うのですが、医療機器となるとアメリカ企業の独壇場です。日本では規制が厳しいので、莫大なお金をかけて投資をしても回収するまでに時間がかかるため、なかなかビジネスにならない、という背景があるようです。

厚生労働省が日本の医療ビジネスの成長の足かせになっているという見解は本当なのかもしれません。


医療にもっとお金を!!

posted by こういちろう at 15:11| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。